ダイハツ キャストにカーコーティング 広島 塗料飛散被害 下地処理を施工致しました。  part2

 

ダイハツ キャスト

 

 

塗料除去 が終わり、すぐに 研磨処理 をしたいところでしたが

生憎いつものように予定がパンパンに詰まっていたため

1ヶ月弱お待ちいただいて再入庫していただきました 

 

元々、コーティングをしているお車ではなかったため

今回は保険修理の範囲で・・・・・ということでしたので

下地処理 のみで仕上げて参ります(^^)/

 

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

 

まずは 特殊照明 を配置した 見える環境 下において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を用いながら

ボディチェック をしていきます 

 

 

ボディ状態を的確に把握出来てこそ、最善の処理が行える!(^^)!

だからこそ 見えるのも技術 と考えます 

 

下地処理 純水洗車

 

早速 純水洗車 から取り掛かります(^^)/

足回りの洗浄 から(^_^)/~

 

 

続いてボディの 純水洗車 で汚れを優しく洗い流します(^_^)/~

 

 

下地処理 磨き前の下処理

 

次の工程は 磨き前の下処理 です(=゚ω゚)ノ

 

 

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去クリーニング していきます>^_^<

 

 

少し前に行った 塗料除去 の際にも

ある程度の不純物は除去していたにも関わらず、この通り 

洗車だけで 愛車のキレイ が維持できない理由の一つに

この不純物の付着があります 

大事な工程だということがわかりますね 

 

下地処理 ボディ磨き

 

続いては ボディ磨き の工程です٩( ”ω” )و

塗料除去 におけるダメージはもちろん

その他のダメージもこの際、キレイにしちゃいましょう 

当たり前のこと・・・・・プラスαがティーズ流です 

 

 

この 研磨処理 でどのように変化したか

ビフォー ➡ アフター でご覧いただきましょう(^^)/~~~

 

 

元々より明らかに・・・ キレイ( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

 

しかもこの ボディ磨き は

ただ単にキズをけしているだけではありません(-ω-)/

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を使った

塗装を数値化した研磨 によって

塗装膜厚を極力薄くせずにキズを消し

塗装のツヤ・光沢を引き出しています 

 

 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  92.3ミクロン

 

 

光沢計の数値は  50しかありません( ̄▽ ̄;)

 

 

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  91.3ミクロン

1ミクロン・・・1000分の1ミリ磨いただけですが・・・・・

 

 

光沢計の数値は  82までUP 

 

 

これが  ティーズの ボディ磨き です(^v^)

 

この研磨でボディ全体を磨いた後、ガラスも再度磨いておきました(^_-)

細部までキッチリ仕上げ作業を行って、今回の作業は終了です(^^ゞ

 

塗料飛散被害 に伴う

塗料除去 ガラス研磨 下地処理 完成で~~~す 

 

 

めっちゃキレイです(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

ガラスの方も・・・・・

 

 

 クリアなガラス  になりました(*^^)v

 

ガラスもボディもキレイにはなっているものの

人間でいうところのスッピン状態と一緒ですので

くれぐれも、今後のお手入れは気を付けて下さいね(^_^)/

この度はご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

 

ティーズでは今回のような 塗料飛散被害 はもちろん

あらゆる 不純物除去 作業のみでも承ります(^O^)/

もちろん、コーティングもプラスした方がベストですけどね(;^_^A

愛車のキレイ のことなら

広島市安佐南区のティーズにご相談下さ~~~い\(^o^)/

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム