メルセデスベンツ G63に人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

 

メルセデスベンツ G63

リピーター様より、お車の乗り換えに伴い

ティーズクリアーコーティング をご依頼いただきました~~~♪

 

 

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

 

まずは 特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等を使って

ボディチェック をしていきます 

 

 

新車から2年弱経過しているボディは

やはりそれなりのダメージがある状態です(~_~;)(~_~;)(~_~;)

新車のような輝きに するべく

ティーズの技術を駆使して進めて参ります٩( ”ω” )و٩( ”ω” )و٩( ”ω” )و

 

下地処理 純水洗車

 

はじめは 純水洗車 から(^_^)/~

 

 

これだけ大きいと洗車も一苦労です(;^_^A(;^_^A(;^_^A

 

下地処理 磨き前の下処理

 

次は 磨き前の下処理

 

 

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去クリーニング していきます!(^^)!

 

 

洗車が終わったボディは一見キレイに見えますが 

 

 

特殊溶剤 に反応するとこのように 

不純物が浮き上がってきました(◎_◎;)(◎_◎;)(◎_◎;)

目に見えない不純物の付着があったということですね 

 

 

ボディを傷めることなく  分解除去 してこの通り(^_^)v

 

 

特殊溶剤 を使って不純物を 

 

 

分解除去 するワケです 

 

 

日頃のお手入れ では  なかなか手の届かない部分も・・・・・

 

 

丁寧にクリーニングを行っています 

 

下地処理 ボディ磨き

 

ボディ全体のクリーニングの次は ボディ磨き です(^_^)/

塗装を考慮したいつもの研磨工法で進めて参ります(^o^)丿

 

 

まずは半分磨いたところから(^^)/~~~

 

 

続いて ビフォー ➡ アフター です(^.^)/~~~

 

 

目視の確認だけでなく、いつものように計器類も使用して(”ω”)ノ

 

 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  349ミクロン

 

 

光沢計の数値は  60しかない状態ですが・・・・・

 

 

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  348ミクロン

わずか1ミクロンの磨きで・・・・・

 

 

光沢計の数値は  81まで上がりました(*^^)v

 

 

これが  塗装膜厚を極力薄くしない研磨工法 です 

 

ボディ全体を磨いたら 下地処理 は完了(”◇”)ゞ

コーティングに取り掛かります(‘ω’)ノ

 

ティーズクリアーコーティング ベースコート BC

 

1層目のベースコートを クリアー補充 していきます(@^^)/~~~

 

 

光沢計の数値が更に上がり 

 

 

深みを増して濃くなりました 

 

 

この ベースコート BC は濃色車、特に黒い車に大人気ですね(^_-)-☆

 

ベースコートでボディ全体を保護したら

ここから更に4層のコーティングをトップコートしていきますv(^_^)v

 

トップコート 4層 G&G 

 

2層目 ガラスコーティング

3層目 水性クリア

4層目 ガラスコーティング

5層目 防汚性UPコーティング β

 

 

コーティング後は、カーボンヒーターで乾燥処理($・・)/~~~

 

 

光沢が更に更にUPしました(^v^)

 

あとは細部まで丁寧に仕上げて、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

 

 

ん~~~漆黒のヌレツヤ感(^v^)

バッチリ仕上がりました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

 

お客様にも

『 やっぱり全然違うね~~~ ありがとう~~~

大変喜んでいただきました~~~

 

喜んでいただいて何よりです(^^)

今回のボディは少し大きいので

日頃のお手入れ が少し大変になるかと思われますが

これまで同様 アフターフォロー も

バッチリ努めさせていただきますので、ご安心下さい(^^ゞ

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

 

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム