マツダ CX-8にガラスコーティング GH coatを施工致しました。

コーティング ガラスコーティング  GH coat

 

マツダ CX-8

 

 

ガラス撥水コーティング の次は

ガラスコーティング GH coat に取り掛かります

 

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

 

まずは 特殊照明 を配置したコーティングブース内で

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用しながら

ボディチェック をしていきます 

 

 

ボディ状態を把握したら、早速作業に取り掛かります

 

下地処理 純水洗車

 

まずは 純水洗車 から(^_^)/~

 

 

ここでは簡単に触れているだけの 洗車 ですが

ティーズの 洗車教室 を受けたことのある方であれば

プロの洗車 と 間違った洗車 の違いはお分かりですね(^_-)-☆

 

下地処理 磨き前の下処理

 

続いて 磨き前の下処理 に取り掛かります(^_^)/~

 

 

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去クリーニング していきます!(^^)!

 

 

洗車を行ってキレイに見えるボディでも

こちらに 特殊溶剤 を這わせると

見えなかった不純物が浮き上がってきましたので 

 

 

ボディを傷めることなく  分解除去 しました(^_^)v

 

 

こちらも不純物の付着がありますが 

 

 

分解除去 してこの通り 

 

 

細部まで丁寧にクリーニングを行っています

 

 

未塗装の樹脂パーツや・・・

 

 

メッキパーツもしっかりとクリーニング

 

 

徹底したクリーニングを行うと

キレイだったマイクロファイバーがご覧の通りです(◎_◎;)

新車はキレイ・・・が当たり前ではない ということですね 

 

下地処理 ボディ磨き

 

ボディをキレイにクリーニングしたら、次は ボディ磨き 

新車の塗装を壊すことなく、いつもの研磨工法で磨いていきます(^o^)丿

 

 

ビフォー ➡ アフターを見ていただきましょう(^^)/~~~

 

 

目視の確認だけでなく、計器類も使用して磨くのがティーズ流です>^_^<

 

 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  104ミクロン

 

 

光沢計の数値は  67しかありませんが・・・・・

 

 

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  103ミクロン

わずか1ミクロンのみの磨きですが・・・・・

 

 

光沢計の数値は  84まで上がっています(*^^)v

 

 

これが  塗装膜厚を極力薄くせずに

塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出す研磨工法です 

 

ボディ全体を磨いたら 下地処理 が終わり

ここからやっとコーティングに取り掛かります 

 

コーティング ガラスコーティング  GH coat

 

ガラスコーティング GH coat を施工していきます(@^^)/~~~

 

 

未塗装部分には専用コーティングを施工します($・・)/~~~

 

 

これで白け難くなり、保護もバッチリです

 

トップコート 防汚性UPコーティング SV

 

ガラスコーティング  GH coat を施工したら

ここから更に 防汚性UPコーティング SV 

トップコートしていきます(@^^)/~~~

 

 

コーティングを施工したら、1パネル毎温度管理しながら

カーボンヒーターでしっかりと乾燥(^^)/~~~

 

 

光沢計の数値が更に上がりました 

 

あとは仕上げ作業を丁寧に行った後、最終チェックをしたら

ガラスコーティング GH coat 完成で~~~す 

 

 

同じ新車とは思えない( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

バッチリ仕上がりましたよ~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

 

お客様にも『 お~~~  メッチャいいです~~~

いつもキレイにして貰ってありがとうございます

大変喜んでいただきました~~~ 

 

これまで同様 アフターフォロー は

ティーズがバッチリ努めさせていただきます(^^ゞ

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

 

by ぎっちゅ

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム