トヨタ ハリアーに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました

コーティング ティーズクリアーコーティング

トヨタ ハリアー

リピーター様で今回で4台目のご依頼です♪

いつもありがとうございます(^人^)(^人^)(^人^)

今回も ティーズクリアーコーティング

ご依頼いただきました~~~♪

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

早速 ボディチェック を行っていきます

特殊照明 を配置した 見える環境 下で

塗装本来の姿を確認していきます(・ω・)ノ

屋外で見たボディ ↑↑↑ 汚れてはいるもののキズ等は確認出来ませんが

特殊照明 下で見ると ↑↑↑ この通り

照明設備のない場合 下地処理 がまともに出来ません!

コーティングは下地で決まります

何を言いたいか・・・・・わかりますね

ボディ状態をしっかりと把握したら作業に取り掛かります!(^^)!

下地処理 純水洗車

洗車に取り掛かる前に、ボディ全体に 花粉 や 黄砂 の付着があり

洗車では落とせない状態でしたので・・・・・

お風呂 ↑↑↑

温水を使用してシミ汚れを落としやすく処理しした後

純水洗車 で汚れを優しく洗い流していきます(^_^)/~

下地処理 磨き前の下処理

続いては 磨き前の下処理

新車でも不純物の付着はあります

なので・・・・・

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます(・ω・)ノ

洗車が終わったボディに 特殊溶剤 をはわせると ↑↑↑

このように ↑↑↑ 不純物が浮き上がってきますので

ボディを傷めることなく ↑↑↑ 分解除去 してキレイにしています(^_^)v

不純物除去クリーニング前 ↑↑↑

クリーニング後 ↑↑↑

クリーニング前 ↑↑↑

クリーニング後 ↑↑↑

細部までキレイにクリーニングを行っています(*^^)v

下地処理 ボディ磨き

次の工程は ボディ磨き

既にボディ全体にダメージがある状態ですが

塗装膜厚を極力薄くしない、いつもの研磨工法で進めて参ります!(^^)!

ビフォー ➡ アフターをご覧下さい(^^)/~~~

ボディ磨き 前の塗装膜厚は ↑↑↑ 109ミクロン

光沢計の数値は ↑↑↑ 60ですが

ボディ磨き 後の塗装膜厚は ↑↑↑ 108ミクロン

1ミクロンのみの磨きですが

光沢は ↑↑↑ 80まで上がりました(^_-)-☆

むやみやたらにグリングリン磨いて塗装を減らすのではなく

必要最小限の負担で磨くことが

今後の 愛車のキレイ を維持することにベスト!

これらの意味は コーティング説明 をお聞きいただいた方であれば

ご理解いただけると思います(^_-)

ボディ全体を磨いて塗装のツヤ・光沢を引き出したら

下地処理 は完了~~~(^O^)/

コーティングに取り掛かりますヽ(^o^)丿

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを

特殊な研磨技術によって クリアー補充 していきます(・ω・)ノ

光沢計の数値も更に上がり ↑↑↑

より深みを増しているのがわかりますね ↑↑↑

ベースコートでボディ全体を保護したら

ここから更にトップコートを2層コーティングしていきます>^_^<

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB で防御被膜を形し

3層目 防汚性UPコーティング SV をトップコート(@^^)/~~~

未塗装部分は ↑↑↑ 専用コーティングで保護します(^^)/

コーティング施工後は、カーボンヒーターを使用して乾燥処理(‘ω’)ノ

光沢計の数値がまたまたUPしました!

あとは細部まで丁寧に仕上げ作業を行い、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す☆

ん~~~ 漆黒のヌレツヤ感(^v^)

やはり202ブラックには ティーズクリアーコーティング

最強の相性だと思います( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

お客様にも

『 キレイになっとるね~~~♪ 流石じゃね~~~♪』

大変喜んでいただきました~~~

お手入れの難しいとされる塗装ですが

これまでのお車同様

アフターもしっかりと努めさせていただきます(”◇”)ゞ

今回もご依頼いただいて

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

 

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル
ティーズフィルム Youtube T's チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング