ホンダ オデッセイに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

ホンダ オデッセイ

 

ティーズクリアーコーティング を施工させていただいて以来

日頃のお手入れ & 定期的なメンテナンス で

いい状態をキープしていただいていましたが

今回の 板金塗装修理 に伴い、キャンペーンでお得な割引もあったことから

スペシャルメンテナンス をご依頼いただきました(^^♪

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

まずは 特殊照明 を多数配置した

まさに 誤魔化しの効かないブース内 において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用しながら

ボディチェック を行っていきます!

コーティング施工後、数年経過していますので

多少のダメージはありますが

バッチリ仕上げて喜んでいただきましょうヽ(^。^)ノ

下地処理 純水洗車

純水装置で不純物をろ過した純水を使用して

純水洗車 を行っていきます(^o^)丿

下地処理 磨き前の下処理

続いては 磨き前の下処理

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます($・・)/~~~

鉄粉やスケールが付着しているボディに

特殊溶剤 をはわせて不純物を浮き上がらせて

分解除去

こちらは特に 鉄粉 がヒドいですが

トラップ粘土等を使用してボディを傷めることなく

キレイにしています(^_^)v

普段のお手入れが行き届かない部分も

スッキリです(*^^)v

パッ・・・っと見キレイなボディでも

不純物はこんなに付着しています!

このクリーニング工程は欠かせませんね(^_-)-☆

下地処理 ボディ磨き

ボディをスッピン状態にしたら、次は ボディ磨き

いつも研磨工法で進めて参ります!(^^)!

ビフォー ➡ アフターを見ていただきましょう(^^)/~~~

ボディ磨き 前の塗装膜厚は 111ミクロン

光沢計の数値は 80ですが

ボディ磨き 後の塗装膜厚は 110ミクロン

たった1ミクロン磨いただけですが

光沢計の数値は 確実にUPしています(^^)/

これが塗装膜厚を極力薄くしない ティーズの磨き です(^v^)

ボディ全体を磨き上げて、塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出したら

下地処理 は完了~~~ヽ(^o^)丿

こっからやっとコーティングに取り掛かります(=゚ω゚)ノ

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを クリアー補充 していきます($・・)/~~~

光沢計の数値はが更に上がりました

これが ヌレツヤ感 の元です( ̄▽ ̄)

こんな感じでボディ全体を クリアー補充 していきます(@^^)/~~~

トップコート ガラスコーティングUB & 防汚性UPコーティングSV

ベースコートが終わったら、ここから更に2層コーティングしていきます(”◇”)ゞ

ガラスコーティング UB  で防御被膜を作り

防汚性UPコーティング SV とトップコート(=゚ω゚)ノ

コーティング施工後は

カーボンヒーターを使ってしっかりと乾燥処理を行っていきます(^^)/

光沢が更に更に上がりましたね

あとは細部まで丁寧に仕上げ作業を行い、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す

よりヌレツヤ感を増して復活しました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも『 うわ~~~スゴいッスね~~~  

またまたキレイになってうれしいです  』

大変喜んでいただきました~~~

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

これまで同様、アフターフォローはバッチリお任せ下さい(^^ゞ

今後とも末永~~~いお付き合いの程

宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル
ティーズフィルム Youtube T's チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング