マツダ ボンゴブローニイに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

マツダ ボンゴブローニイ

ティーズクリアーコーティング に取り掛かります!(^^)!

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

まずは 特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等を使用して

ボディチェック をしていきます 

ボディ状態を把握したら、早速作業に取り掛かります(^_^)/

下地処理 純水洗車

まずは純水装置で不純物をろ過した純水を使った 純水洗車 から(^_^)/~

下地処理 磨き前の下処理

プロならではの洗車で汚れを優しく洗い流したら

次は 磨き前の下処理

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます(^^)

洗車が終わったボディに  特殊溶剤 をはわせると・・・・・

目に見えなかった不純物が反応して浮き上がってきますので 

ボディを傷めることなく  分解除去 しました(^_^)v

不純物を 

分解除去 

こちらも 

スッキリです 

細部までクリーニングを行うと・・・・・

新車でもこんなに不純物の付着がありました 

様々な溶剤を使い分けて、ボディを傷めることなくクリーニングを行うのは

やはりプロにしか出来ない工程ですね 

下地処理 ボディ磨き

次は ボディ磨き 

新車の塗装を更にキレイにすべく、いつもの研磨工法で磨いていきます!(^^)!

ビフォー ➡ アフターをご覧いただきましょう(^^)/~~~

右半分  ボディ磨き 前

右半分  ボディ磨き 後(*^^)v

こちらは左半分  ボディ磨き 前

ボディ磨き 後はこの通り 

新車でもちゃんと 見える環境 で見れば 

このようなキズがありますが・・・・・

新車の塗装を壊すことなく  この通り(^v^)

こちらも 

スッキリです 

ティーズの ボディ磨き は目視の確認だけでなく

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用して

塗装を常に考慮して磨いています(^^ゞ

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  94.1ミクロン

光沢計の数値は  47しかない状態ですが・・・・・

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  93.1ミクロンと

わずかに1ミクロンしか磨いていないにも関わらず・・・・・

光沢計の数値は  81まで上がっています( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

これが  塗装膜厚を極力薄くしない研磨工法 です٩( ”ω” )و

この研磨工法でボディ全体を磨いたら 下地処理 は完了(‘◇’)ゞ

ここからやっとコーティングに取り掛かります(^O^)/

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを特殊な研磨技術を使って

クリアー補充 していきます(^o^)丿

光沢計の数値が更に上がり 

深みを増して変化しました 

ベースコートでボディ全体を保護したら

ここから更に2層のコーティングをトップコートしていきます(^o^)丿

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB

3層目 防汚性UPコーティング SV

未塗装部分も・・・・・

専用のコーティング剤を施工 

コーティングを施工したら、カーボンヒーターを使って

1パネル毎温度管理しながら、しっかりと乾燥処理を行います($・・)/~~~

光沢がまたまた上がりましたね 

細部まで丁寧に仕上げ作業を行った後、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

まったく別物の新車に大変身( ̄▽ ̄)

ヌレツヤ☆ボンゴブローニイの誕生で~~~す(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも

『 キレイにしてもらって、ありがとうございます  』

大変喜んでいただきました~~~ 

今回はた~~~くさんのサービスをご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

アフターフォロー もバッチリ努めさせていただきます(^^ゞ

今後とも末永~~~いお付き合いの程

宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング