マツダ CX8に人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

ガラス撥水コーティング が終わった マツダ CX8

引き続き ティーズクリアーコーティング に取り掛かります(^O^)/

虫が・・・・・( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用しながら

ボディチェック を行っていきます 

ボディ状態をしっかりと把握したら作業開始です(‘◇’)ゞ

下地処理 純水洗車

まずは 純水洗車 で汚れを洗い流していきます(^_^)/~

下地処理 磨き前の下処理

続いて 磨き前の下処理

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます(^o^)丿

洗車を終えて一見キレイに見えるボディですが 

特殊溶剤 に反応して不純物が浮き上がってきました 

目に見えない不純物が付着していたということですね 

その不純物をボディを傷めることなく 分解除去 

クリーニング前 

クリーニング後 

未塗装部分にも 特殊溶剤 を這わせると・・・・・

不純物が浮き上がってきましたので 

キレイに 分解除去 

給油口の中の汚れも 

スッキリと 

細部の汚れも 特殊溶剤 を使い分けてキレイにしましたよ~~~(^_^)v

新車でもこんなに不純物が付いていました 

新車がキレイ・・・が当たり前ではありませんね 

下地処理 ボディ磨き

ボディ全体のクリーニングの次は ボディ磨き 

塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出していきます!(^^)!

半分磨いた違いをご覧下さい 

目視の確認だけでなく・・・・・

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  103ミクロン

光沢計の数値は  69ですが・・・・・

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  102ミクロンと

わずか1ミクロンしか磨いていないにも関わらず

光沢計の数値は  81まで上がっています(^v^)

新車でも変わる ・・・・・という意味が

これら 下地処理 にあるというのがわかりますね(^_-)-☆

ボディ全体の 下地処理 を終えたら

コーティング施工に取り掛かります(”◇”)ゞ

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

1層目のベースコートを クリアー補充 していきます!(^^)!

光沢が更に上がりました(^v^)

より深みを増していますね( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

ボディ全体をベースコートで保護したら

ここから更に2層のコーティングをトップコートしていきます(@^^)/~~~

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB

3層目 防汚性UPコーティング SV

未塗装部分も専用コーティングで保護しました 

コーティング施工後は、カーボンヒーターで乾燥処理($・・)/~~~

光沢が更に更にUPしましたね(^○^)

あとは仕上げ作業を丁寧に行い、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

同じ新車とは思えない 圧倒的なヌレツヤ感( ̄▽ ̄)

新車でも全く別物になりました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも

『 お~~いいですね~~  いつもありがとうございます  』

と大変喜んでいただきました~~~ 

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

前車同様、アフターもお任せ下さい(^O^)/

引き続き、宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル
ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング