マツダ MAZDA3人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

 

マツダ MAZDA3

 

 

塗料除去 が終わったボディの

ティーズクリアーコーティング 再施工に取り掛かります(^_^)/

 

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

 

まずは 特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を用いながら

ボディチェック をしていきます 

 

 

ボディ状態を把握したら、早速作業に取り掛かります(^_^)/

 

下地処理 純水洗車

 

まずは 足回りの洗浄 から(^_^)/~

 

 

続いてボディの 純水洗車 に取り掛かります(^o^)丿

 

 

下地処理 磨き前の下処理

 

次は 磨き前の下処理 の工程です(”◇”)ゞ

 

 

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去クリーニング していきます٩( ”ω” )و

 

 

洗車が終わってキレイに見えていても 

実は不純物が付着しています 

 

 

特殊溶剤 に反応して不純物が浮き上がってきましたので 

 

 

ボディを傷めることなく  分解除去 しました(*^^)v

 

 

こちらも不純物を 

 

 

分解除去 してスッキリと 

 

 

不純物を 

 

 

しっかりクリーニングしました 

 

 

細かいグリル部分やモールの溝

ナンバープレートの裏側やパーツの継ぎ目

給油口の中やインナー部分、エンブレム周り等々

細部に至るまでしっかりとクリーニングを行っておきました(^^ゞ

 

下地処理 ボディ磨き

 

続いては ボディ磨き の工程です!(^^)!

塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出していきます 

 

 

ボディ磨き の ビフォー ➡ アフターを

ご覧いただきましょう(^^)/~~~

 

 

ティーズの ボディ磨き は

ただ単にキズを消しているだけではありません(ー_ー)!!

如何に塗装を温存させるか・・・・・を一番に考え

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を使用しながら

塗装を数値化 して取り組んでいます 

 

 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  79.2ミクロン

マツダ車特有の薄~~~い塗装膜厚です(^^;)

 

 

光沢計の数値は  71ですが・・・・・

 

 

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  78.2ミクロン

たった1ミクロン磨いただけですが・・・・・

 

 

光沢計の数値は  82まで上がっています( ̄▽ ̄)

 

 

これが  塗装に負担を掛けない研磨です(^_^)

 

この工法でボディ全体を磨いたら 下地処理 までが終わり

ここからやっとコーティングに取り掛かります(^^)/~~~

 

ティーズクリアーコーティング ベースコート5LAYER

 

まずは1層目のベースコートを

特殊な研磨技術を使って クリアー補充 していきます(@^^)/~~~

 

 

より深みを増して変化しました 

 

このベースコートが終わったら

ここから更に4層のコーティングをトップコートしていきますv(^_^)v

 

トップコート 4層 G&G

 

2層目 ガラスコーティング

3層目 水性クリア

4層目 ガラスコーティング

5層目 防汚性UPコーティング β

 

 

全てのコーティングが終わったら、次は乾燥処理 

 

 

あとは細部まで仕上げ作業を行い、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

 

 

塗料が散ってザラザラになっていたボディが

ヌレツヤボディによみがえりました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

 

お客様にも大変喜んでいただきました 

このお車の差し替えで、もう1台のお車も引き続き

お預かりさせていただきましたが

そちらの方は、また後日ご紹介させていただきま~~~す(^_^)/

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング