マツダ MAZDA3 セダンに人気NO.1ティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

マツダ MAZDA3 セダン

コーティングに取り掛かります(^_^)/

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

まずは 特殊照明 下で ボディチェック を行います

新車はキレイ・・・が当たり前ではない 

・・・・・といつもこのブログでもお伝えしておりますが・・・・・

ちゃんと 見える環境 下で見れば 

本来の姿が確認出来ますね 

逆に言うと・・・・・

見えない環境で作業しているところは・・・・・(/ω\)(/ω\)(/ω\)

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用して

ボディ状態をしっかりと把握した上で、早速作業に取り掛かります٩( ”ω” )و

下地処理 純水洗車

まずは 純水洗車 から(^_^)/~

下地処理 磨き前の下処理

洗車の次は 磨き前の下処理

新車でも不純物の付着はありますので

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます!(^^)!

細部まで丁寧にクリーニングを行うと・・・・・

不純物  やっぱり付いてましたね(◎_◎;)(◎_◎;)(◎_◎;)

下地処理 ボディ磨き

続いては ボディ磨き に取り掛かります(^_^)/

マツダ車特有の薄~~~い塗装膜厚を考慮して

塗装に負担を極力掛けない ボディ磨き で進めていきます(‘◇’)ゞ

ビフォー ➡ アフターをご覧いただきましょう(^^)/~~~

キズを消すだけでなく

塗装のツヤ・光沢を如何に引き出すか・・・・・が大事 

ティーズの ボディ磨き は

見た目の判断だけでなく、計器類を用いて数値化して行っています(^^ゞ

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  80ミクロン

光沢計の数値は  72ですが・・・・・

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  78.8ミクロン

1.2ミクロンの磨きで・・・・・

光沢は  80まで上がりました(^_^)v

これが  塗装膜厚を極力薄くしない研磨工法です!(^^)!

ボディ全体を磨いて塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出したら

下地処理 は完了(・ω・)ノ

ここからやっとコーティングに取り掛かります(”ω”)ノ

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを クリアー補充 していきます(@^^)/~~~

光沢が  更に上がり・・・・・

深みを増して変化しているのがわかりますね 

ボディ全体をベースコートで保護したら

ここから更に2層のコーティングをトップコートしていきます($・・)/~~~

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB

3層目 防汚性UPコーティング SV

マツダ車に多い未塗装部分は・・・・・

専用コーティングで保護 

全てのコーティング施工が終わったら

カーボンヒーターを使って乾燥処理を行っていきますヽ(^。^)ノ

光沢がまたまたUPしていますね 

細部まで丁寧に仕上げた後、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

同じ新車とは思えない、まったく別物の

ヌレツヤ☆MAZDA3に大変身しました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも『 お~~~いいね~~~ 

キレイになったね  ありがとう  』

大変喜んでいただきました~~~ 

何度もお伝えしました通り

コーティングはかけて終わりではなく、そこからが始まり です

日頃のお手入れ だけでなく

我々プロによる 定期的なメンテナンス で

ティーズとご一緒に 愛車のキレイ を維持していきましょう(^O^)/

今回はご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

今後とも宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング