メルセデスベンツ C63 AMGに人気NO.1ティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

 

メルセデスベンツ C63 AMG

 

 

ティーズクリアーコーティング に取り掛かります(^_^)/

 

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

 

まずは 特殊照明 を配置したコーティングブース内で

ボディチェック をしていきます 

 

 

屋外ではわからなかった本来の姿が確認出来ますね 

照明設備のないところだと、当然ボディ状態はわかりません(◎_◎;)

見えないボディをキレイにすることは出来ませんね( ̄▽ ̄;)

 

 

塗装膜厚計 や 光沢計 も使って

ボディ状態を的確に判断した上で、作業に取り掛かります!(^^)!

 

下地処理 純水洗車

 

純水洗車 で汚れを丁寧に洗い流していきます(^_^)/~

 

 

下地処理 磨き前の下処理

 

続いて 磨き前の下処理 です(”◇”)ゞ

 

 

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去クリーニング していきます>^_^<

 

 

特殊溶剤 に反応して浮き上がって来た不純物を 

 

 

ボディを傷めることなく 分解除去 していくと・・・・・

 

 

右半分が不純物のない状態になりました 

 

 

一見キレイに見えているボディですが 

 

 

不純物がこんなに 

 

 

分解除去 してこの通り 

 

 

細部まで丁寧にクリーニングを行いました(‘◇’)ゞ

 

下地処理 ボディ磨き

 

次は ボディ磨き です(^_^)/

塗装に最善の磨きを行って、ツヤ・光沢をしっかりと引き出していきます٩( ”ω” )و

 

 

ボディ磨き を行った部分の違いをご覧いただきましょう(^o^)丿

 

 

違いは歴然ですね 

 

ティーズの ボディ磨き は

ただ単にキズを消しているワケではありません(ー_ー)!!

如何に塗装膜厚を薄くせずに磨くか・・・・・を

常に考慮して取り組んでいますヽ(^o^)丿

 

 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  105ミクロン

 

 

光沢計の数値は  63しかない状態ですが・・・・・

 

 

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  104ミクロンと

わずかに1ミクロンだけ磨いただけで・・・・・

 

 

光沢計の数値は  81まで上がっています(*^^)v

 

 

これが  ティーズの ボディ磨き です 

 

この研磨工法でボディ全体を磨いたら 下地処理 は完了(^^)

ここからやっとコーティング施工に取り掛かります(^^)/

 

ティーズクリアーコーティング ベースコート BC

 

1層目のベースコートを特殊な研磨技術で クリアー補充 していきます(^o^)

 

 

光沢計の数値が更に上がり 

 

 

より深く、より濃く変化しています 

 

 

ベースコートでボディを保護したら

ここから更に4層のコーティングを施工していきますv(^_^)v

 

トップコート 4層 G&G

 

2層目 ガラスコーティング

3層目 水性クリア

4層目 ガラスコーティング

5層目 防汚性UPコーティング β

 

 

コーティングを施工したら、しっかりとヒーター乾燥($・・)/~~~

 

 

またまた光沢が上がりましたね 

 

細部まで丁寧に仕上げ作業を行った後、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

 

 

まさに 漆黒のヌレツヤ感( ̄▽ ̄)

やっぱり黒いボディには ブラックカーボン

ヤバいですね( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

 

お客様にも

『 やっと納車になったよ ここの作業が終わらんとね

と大変喜んでいただきました~~~ 

 

今回も複数のサービスをご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

こちらのお車の アフターフォロー もこれまで通り

しっかりと努めさせていただきます(^^ゞ

今後とも末永~~~いお付き合いの程

宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

 

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング