三菱 デリカD:5 ジャスパーに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。 

コーティング ティーズクリアーコーティング

三菱 デリカD:5 ジャスパー

たくさんご依頼いただいたサービスの最後は

ティーズクリアーコーティング です٩( ”ω” )و

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

早速 ボディチェック を行います

特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を用いながら

ボディ状態をしっかりと把握していきます(^^ゞ

下地処理 純水洗車

純水装置で不純物をろ過した純水を使用して

優しく汚れを洗い流していきます(^_^)/~

ティーズで行う洗車は全て 純水洗車 です(^_^)/

下地処理 磨き前の下処理

続いては 磨き前の下処理

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます($・・)/~~~

一見キレイに見えるボディでも↑↑↑ 不純物の付着はあります!

これらを除去することなく、そのまま磨きやコーティングをすると

どうなるか・・・・・(/ω\)(/ω\)(/ω\)

ボディの 不純物を除去 する大事なクリーニング工程ですね(^_-)-☆

下地処理 ボディ磨き

次は ボディ磨き

塗装膜厚を極力薄くしない、いつもの研磨工法で進めて参ります!(^^)!

ビフォー → アフターをご覧いただきましょう(^^)/~~~

違いは明らかですね↑↑↑

しかもこれらは↑↑↑ ただ単に磨いているのではありません

コーティングの土台となる塗装をしっかりと考えて磨いています(^_-)

ボディ磨き 前の塗装膜厚は↑↑↑ 115ミクロン

光沢計の数値は↑↑↑ 70ですが

ボディ磨き 後の塗装膜厚は↑↑↑ 114ミクロンと

元々の塗装からわずか1ミクロンしか磨いていないことがわかりますし

それでいて光沢は↑↑↑ 81まで上がっています(^_^)v

これが塗装膜厚を極力減らさずにキズを消し

塗装のツヤ・光沢を引き出す研磨工法です(^v^)

ボディ全体を磨いたら 下地処理 は完了(^^ゞ

コーティングに取り掛かります(”◇”)ゞ

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを クリアー補充 していきます($・・)/~~~

光沢が更に上がり、深みを増しているのがわかりますね(^_-)-☆

ベースコートでボディ全体を保護したら

ここから更にトップコートを2層コーティングしていきます(@^^)/~~~

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目の ガラスコーティング UB で防御被膜を作り

3層目に 防汚性UPコーティング SV とトップコートしていきます(^o^)丿

コーティング施工後はカーボンヒーターを使って

しっかりと乾燥処理を行いますヽ(^o^)丿

またまた光沢が上がりましたね( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

あとは細部まで丁寧に仕上げて、最終チェックを隅々まで行ったら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す!

ヌレツヤ☆デリカの誕生で~~~す(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも

『 お~~~メチャメチャいいですね~~~♪

頼んでよかったです♪ これからもお願いします♪』

大変喜んでいただきました~~~♪

喜んでいただいて何よりです♪

今回はた~~~くさんのサービスを

全てティーズにお任せいただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

アフターもしっかりと努めさせていただきますので

今後とも末永~~~いお付き合いの程

宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル
ティーズフィルム Youtube T's チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング