BMW320iツーリングに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

BMW320iツーリング

リピーター様より、お車の乗り換えに伴い

前車に引き続き ティーズクリアーコーティング を

ご依頼いただきました~~~!

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

早速 ボディチェック から(^_^)/~

屋外で見ても既にシミが・・・・・

特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類を使用しながら

しっかりとボディ状態を把握した上で、作業に取り掛かります(^O^)/

下地処理 純水洗車

まずはいつものように 純水洗車 から(^_^)/

シミは既に洗車では落とせない状態でしたので・・・・・

ひと手間加えて、次の工程で落としやすくしておきます(^_-)

下地処理 磨き前の下処理

次は 磨き前の下処理

洗車では落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます(^o^)丿

細部の汚れも・・・・・

丁寧に除去しておきました(^_^)v

新車でもこのように↑↑↑ 不純物の付着がありましたね(ー_ー)!!

これらのような処理で落とせない・・・・・

このようなシミは↑↑↑

熱処理を行うことで↑↑↑ この通り(*^^)v

むやみやたらに磨いたら、取れなくなるのでご用心(^O^)

下地処理 ボディ磨き

続いては ボディ磨き です!(^^)!

新車の塗装を壊すことなく、いつもの磨きで進めていきます(^^)/~~~

ビフォー ➡ アフター をご覧下さい(^.^)/~~~

ボディ磨き 前↑↑↑

ボディ磨き 後↑↑↑

ボディ磨き 前の塗装膜厚は↑↑↑ 119ミクロン

光沢計の数値は↑↑↑ 66ですが

ボディ磨き 後の塗装膜厚は↑↑↑ 118ミクロン

わずか1ミクロンのみの磨き処理ですが・・・・・

光沢計の数値は↑↑↑ 81まで上がりました(^v^)

これが↑↑↑

塗装膜厚を極力薄くしない ティーズの磨き です(^^)/

ボディ全体を磨いたら 下地処理 は完了ヽ(^o^)丿

コーティングに取り掛かります(・ω・)ノ

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

まずは1層目のベースコートを クリア―補充 して

ボディを保護していきます(@^^)/~~~

光沢が更に上がり、より深みを増しています↑↑↑

下地処理 とこのベースコートが↑↑↑

ヌレツヤ感 の元となるワケです( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB

3層目 防汚性UPコーティング SV

コーティング施工後は

1パネル毎温度管理しながら、しっかりと乾燥処理(‘ω’)ノ

光沢が更に更にUPしましたね!!

あとは細部まで仕上げ作業を丁寧に行った後

最後にくまなく最終チェックを行ったら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す!

同じ新車とは思えませんね(^_-)-☆

ヌレツヤ☆BMWに大変身しました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

お客様にも

『 いつもながらキレイですね~♪ ありがとうございます♪』

と大変喜んでいただきました~~~♪

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

前車同様、アフターもしっかりと努めさせていただきます(‘◇’)ゞ

今後とも引き続き、宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 


 

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル
ティーズフィルム Youtube T's チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム

Scroll to Top
ティーズカーコーティング