日常のお手入れ

コーティング施工後、日常のお手入れについて当社オリジナルのメンテナンスキットでの洗車方法を無料でお教えしております。

≪洗車に取り掛かる前の注意点≫
洗車をする時間帯ですが、陽が落ちてから・・・が理想です。
夏場は特に、朝、日中は避け、暑くない時間帯に洗車することをお勧めします。
また、走行直後はエンジンの熱で、ボンネット等は非常に熱くなっていますので時間をおくか、水でしっかり熱を冷ましてから洗車しましょう。
ティーズのコーティングについているメンテナンスキット以外のものは使用しないで下さい。
もしも、市販のワックス成分やコンパウンドの入っているものや、市販のコーティング等を使用された場合、コーティングそのものの効果が失われてしまうだけでなく、悪影響を及ぼす可能性もあります。

洗車の流れ

車全体を水でしっかりと洗い流します

洗車前は汚れが沢山付着していますので、しっかりと流してください

高い所から低い方へしっかりと流してください
この時に埃や砂などが残らないように、隙間や溝下廻りもしっかりと流します

カーシャンプーをキャップ1杯分を目安にバケツに入れ、水圧を利用してしっかりと泡立てます

マイクロファイバータオルを使用し、泡立てたカーシャンプーをすくうように取り、ボディ全体を優しく洗っていきます。
この時も、車の高い所から低い所へ洗っていきます。
※ルーフは汚れが残りやすいところです。適度な高さの足場を使用して洗いましょう。
車の下部の方も汚れが残りやすい部分ですので、汚れの落ち具合をしっかりと確認しましょう。

【ポイント】洗車は強く擦るのではなく、マイクロファイバータオルの重みだけで 力を入れずに優しく撫でるように洗いましよう。 ゴシゴシ擦にないと落ちない汚れ等は、洗車ではなくコーティングメンテナンス で落とせばよいのです。

担当:井上

シャンプーをしっかりと洗い流します。
この時に溝や隙間などにシャンプーが残らないようにしっかりと濯いでください。
シャンプーが残ってしまっているとシミの原因になります。

マイクロファイバータオルで拭き取ります。
この拭き取りも優しく撫でるようにします。
力を入れてこする必要はありません。

2枚のマイクロファイバータオルを使用すると、より楽に拭き取りが出来ます。

拭き取り作業でのキズの軽減や、拭き残しをなくすために、ホームセンターなどで販売されているブロワーを使用することもお勧めします。

【ポイント】洗車後の拭き取りをおろそかにすると、これもまたシミの原因になってしまいます。 隅々まで拭き残しのないように仕上げていきましょう。

担当:井上
Scroll to Top
ティーズカーコーティング